ブログ

お風呂に浸かると塩素でピリピリする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は特にお風呂に入る方が、外国の方と比べて多いのではないでしょうか?比較的最近はシャワーだけでというかたもいらっしゃるかもしれません。季節も冬に近づき暖まりたいという方も増えていく時期かもしれませんね。みなさんはお風呂につかりますか?

今日はお風呂により気持ちよく浸かる為に塩素除去の方法についてお話したいと思います。

水道水には塩素が入っている?

水道水には塩素が含まれます。この塩素には殺菌作用があり、衛生の為に水道局が添加しています。水道水に塩素がなかったら、 雑菌に侵されているかもしれないということになりますね。   水道水に雑菌がはびこらないように、塩素剤によって消毒されているからなのです。

塩素は皮膚が弱い人触れますと皮膚に吸着し刺激を与えて痛みを生じる事があります。アトピーの方など気にされる方いるのではないでしょうか?また水道水を飲料水として用いる場合には浄水器をつけて重金属や塩素除去を行ってはいるという方はいらっしゃると思います。

逆にお風呂まで塩素除去を行う方は少ないように思います。この塩素ですが、とあるものを入れると塩素を違うものにして身体に害がないようにしてくれます。

ビタミンCで塩素を身体に無害な物に

お風呂のお湯にビタミンC(アスコルビン酸)をいれることによって

C6H8O6 + NaClO  → C6H6O6 + H2O + NaCl
(ビタミンC+次亜塩素酸ナトリウム → 酸化ビタミンC(デヒドロアスコルビン酸)+水+塩化ナトリウム)

となり塩水(酸化ビタミンCと食塩と水)のような状態になります。一般家庭の浴槽の湯量(150~200L)であれば0.2gで足ります。

例えば日本薬局方 アスコルビン酸原末 ビタミンC 41givZpfO1L._SX425_

ですと、スプーンが付属されていてすり切り1杯で1gになっていますで、そちらを参考にしながら入れてみてください。

塩素濃度などもし気になるようであれば、残留塩素測定、塩素検査薬などで調べてみると検査薬が売っていますので、そちらを使って確認されてみてください。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る