ブログ

ダイエットでよく睡眠が大事って言うけど、質を上げるには具体的にどうしたらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは山家です。

今日は睡眠の質を高めるための条件について話していこうと思います。

睡眠時に大事なのは大きく分けて4つあります。

室温、湿度、明るさ、音の4つです。室温理想は冬場は17度、夏場は26度、湿度は季節に関係なく50~60%です。湿度と温度に関しては湿度計、温度計を購入もしくは、自分自身の感覚で心地の良い状態を作っていくと良いかと思います。

明るさについては30ルクス以下が良いとされています。30ルクスというのはおぼろげに物が見える明るさです。明るさは30ルクス以下にすれば良いので、個人個人で微調整をして頂けたら良いかと思います。→真っ暗がいい人もいれば、豆電球がないと寝れないという人もいるかと思いますので。

夜に明るい状態を作ってしまうと交感神経が優位【興奮状態】になり、なかなか寝付けなくなるので、携帯をいじりすぎたり、シーリングライト全快でつけておくなどは控えていきましょう。

音については40デジベル以下が望ましいとされています。【例えばだと市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼など】なるべく静かにしましょうということですね。ちなみに20デジベルは木の葉のふれあう音くらいで、よく睡眠用のCDなどで売られていますが、これくらいを目安にして販売されてるのでは?と思います。ちなみにこういうものは音量をすごく上げてしまうと効果的がなくなってしまうので注意が必要です。またどうしても外がうるさい環境下になってしまう人は耳栓や、しっかり物を使って防音するなどして対策しても良いでしょう。

また温度と湿度は布団の中も大事で、お布団内部の温度は32度湿度は理想は大体50とされています。これが寒さを感じない心地よい状態のようです。上は毛布や掛け布団をしっかりかけるけど敷布団にはカバーだけという人は下から熱が逃げていってしまっている可能性が高いので注意しましょう。対策としては敷布布団の上に一枚敷いておくことです。私自身は冬は冷えるので掛け布団を一枚敷いて寝ています。Fotolia_100111342_XS

いかがでしたか?もし自分自身最近寝付きがよくないな、読んでみてこれ全然出来ていないなと思うものがありましたら是非見直しをして、実践されてみてください。

今回は睡眠時間や睡眠するタイミングなどは書いていませんが、のちのち書いていこうかと思います。宜しくお願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る