ブログ

某モデルも愛用!ウェリナ プロテインの成分について解説③羅漢果【ラカンカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

最近野菜にハマっている山家です。→どうでもいいですね。

今日は大好評のウェリナプロテインに含まれる【羅漢果 ラカンカ】についてお話したいと思います。

luohanguo-2羅漢果の産地は限られている?どこからもの?

羅漢果は甘味料として使われているもので、羅漢果は亜熱帯の山岳地帯を好み、中国の広西チワン族自治区主要な産地で、生産量が世界の約9割を占めているそうです。大変貴重ですね!!

日本国内で店頭で目にするのは全て乾燥羅漢果で、茶褐色をした直径5㎝前後のボール状のものか粉になったもので、一方、生(果実は濃い緑色で表面は光沢がありますが、中国の法律の関係で現物を日本国内で目にすることは不可能みたいです。

「羅漢果」がこの中国の一部の地域でしかとれないという事は生育環境条件がきちんとそろうところが世界には中々ないとも考えられますね。中国では長寿の神果とも言われているようです。禁断の果実ならぬ神の果実ですね笑

羅漢果の特徴??

抽出方法にによって多少倍率は変わるようですが、羅漢果の甘味料であるトリテルペン配糖体は、砂糖の約300倍の甘さがあり、小腸で吸収されることなく大腸まで達するためカロリーがないようです。このトリテルペン配糖体の詳細については探しても現段階では見つかりませんでした。申し訳ないです。。。

また羅漢果果汁を濃縮したエキスに、ショ糖などを加え顆粒状にしたものが、一般的に通販などで販売されている羅漢果顆粒のようです。なぜショ糖を加えるかといいますと、羅漢果エキスだけでは顆粒にならないため、ショ糖や砂糖や甜菜糖、食物繊維などにエキスを吹き付けて顆粒状にする必要があるそうです。※粉状の100%羅漢果もあります。【溶けにくいらしいですが、】

メーカーによってはショ糖分の割合が違うと思われますので、気にされる方は原材料を見るか及びメーカーに確認する必要があるかと思います。※羅漢果顆粒の製造メーカーによっては、ショ糖などをたくさん添加して原材料を安くしている可能性もあります。→ショ糖やないか!!!チョコレートって書いてあるのに砂糖のほうが多いというなどの商品になる可能性が…

 

生産量が世界の約9割が中国のため中国の気分次第ではお値段が変動してしまう商品でもありますね。しかも神果と呼ばれるだけあり、高級品で一般的に売られている砂糖は相場で言えば、すごく安くて500g108円〜300円ほどでしょうか?逆に羅漢果は90%以上含まれているもしくは割合が書いてあるものに関しては500g1500円〜になっています。

5倍〜15倍と考えればかなりお高いと感じてしまいます。。。しかし甘みは300倍!!ガツガツと甘味料を入れなくても大丈夫なわけです。ちなみにお砂糖でこれと同じようにウェリナプロテインを作ったとしたら原材料のコストは下がったとしても、メインのプロテインの含有量が下がってしまい、プロテインじゃなくて砂糖のプロテインとなってしまう可能性が出てきてしまいます。笑 そういったわけでもかなり羅漢果は優秀ですね!!!

羅漢果のまとめIMG_3440

  • 中国の生産量が世界の約9割
  • トリテルペン配糖体自体にはカロリーがない。
  • 羅漢果の甘味料であるトリテルペン配糖体は、砂糖の約300倍の甘さがある。→これが甘さの秘訣!
  • お値段は高級で安くても500g1500円〜→個人的にはお菓子の時に使いたいので欲しい。

といったとことでしょうか?

最近ではラカントSさんで有名になってきたかと思います。ラカントSさんについてはまたどこかで書ければと思います。

その他わからないこと知りたいことあれば「shop rinato」の商品欄を覗いてみたり、お問い合わせをご活用下さい。

ではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る