ブログ

椎間板ヘルニアでも、腰痛だとは限らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Young man having back pain
椎間板ヘルニアというと、治らない腰痛の病名という印象が強いようです。

しかし、世の中には、ヘルニアをもっていても痛みとは無縁の人や、ヘルニアと診断されても、ヘルニアは治らなくても、腰痛は治ったという人も多くいらっしゃいます。

また、ヘルニアの手術をしても全く良くならなかったという人もいらっしゃいますね。

こうなってくると、ヘルニアって本当に腰痛の原因なの??という疑問が出てきてしまいます。

腰痛は基本的には手術の対象ではない

腰痛の85%は、整形外科的にも診断することができない、非特異的腰痛であることは以前のブログでもお伝えしました。

特定される残り15%の腰痛はどうでしょうか?その中に椎間板ヘルニアや腰椎分離症、すべり症、脊柱管狭窄症が含まれますが、これらでさえも、よほどそれが原因だと断定されない限りは、手術をするのは得策ではないと思います。

これは有名な研究結果ですが、健康な人の椎間板を徹底的に調べ、MRIの撮影をしたという実験がありました。健常者46名の椎間板をみてみると、なんとその76%にヘルニアがみつかり、椎間板変性に関しては85%だったという結果がでました。
(Boon N. et al:Spine,1995)

実際、ヘルニアが原因で腰痛の人もいるはずですが、実はそれはごくわずかで、むしろMRIを撮る機会など全く無い健常者にさえ、ヘルニアが多くあるということは、少なくともヘルニアになっていても腰痛だとは限らないという証であります。

そもそも、ヘルニアとは「脱出・突出」という意味で、腰痛の名前ではありませんし、痛みの症状の名前でもありません。椎間板が飛び出ているという状態を表しているにすぎません。しかも、それが神経を圧迫して、それが痛みの原因となる‥というのは多くの場合それだけが原因だとは限らないということが明らかになっているのです。

ですから、医者も腰痛治療としてヘルニアの手術をあまりしたがりませんし、まずは安静にすることをすすめることが多いようです。

ヘルニアの多くは自然治癒する

ヘルニアというと手術をしないと治らないイメージですが、実はそのほとんどが自然治癒してしまうそうです。

体内の免疫細胞であるマクロファージが、ヘルニアを異物とみなし、食べてしまうことで、ヘルニアが起きても数ヶ月くらい時間で消失してしまうことが多いのだとか。

ですから、先ほどの実験からみても、多くの人が無自覚にヘルニアを経験し、マクロファージによって食べられて…を繰り返しているのかもしれないですね。

ヘルニアだからといって落ちこんでしまう方がよほど精神的にも腰痛にはよくなく、自分のヘルニアの画像をみてショックをうけて、それが原因で良くならないという人もいるくらいです。

腰痛=ヘルニアと勝手にイコールにしてしまうのはよくありませんね。

原因の特定のためには、まず動いてみる

ヘルニアもひとつの原因としてもっておいてもよいのですが、画像でヘルニアがあったからといって断定してしまわなくてよいのです。

むしろ、腰痛が治ってからMRIを撮ってみたら、ばっちりヘルニアのままだったということもあるくらいですから、諦める必要はありません。

むしろやって欲しいのは運動です。

腹筋背筋をバランス良く…という言葉もありますが、それも効果的に行わないと結局悪化させてしまう一因になりかねません。

大事なのはバランスを整えること。

それは、鍛えることと同時に、正しい動きと使い方を身体に覚えさせることですね。

ボディバランススタジオの、画期的なトレーニングマシン、リアクションレジスタンス機構を、慢性腰痛の人達には是非体感してもらいたいです。

S__6766595 S__6766594

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る