ブログ

腰痛改善にはストレッチ?整体?運動?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

handsome man feeling pain in back.腰痛を改善したいと思っていても、なかなか安静にしても治らず、いつも恐る恐る生活をしている人も少なくありません。

腰痛とは一生付き合っていくもの…と思われていませんか?

実は、腰痛には急性と慢性の二種類の種類があり、多くの腰痛は急性腰痛で、その9割は1ヶ月程度で消失するのが通常なのです。

あと1割というのが慢性腰痛。慢性腰痛は、腰痛になってから1ヶ月以上を経過しても痛みが残り、そのままずっと痛みが継続してしまっている状態を言います。

急性腰痛はどちらかというと、擦り傷や打撲のようなケガに近く、時間の経過とともに自然治癒していうものです。

しかし、慢性腰痛は、痛みを感じるセンサーが狂い、もう治癒をしてしまっているのに異常感知をして痛みがあると脳が反応してしまっていたり、何らかの原因で自然治癒が止まり、ずっと発痛の物質が出続けてしまっている状態なのです。

腰痛改善にストレッチは有効か?

beautiful young woman stretching on the floor腰痛改善のためにストレッチをするのはどうでしょうか?やはり身体が硬いと腰痛になりやすいのでしょうか?

いえ、実は身体が硬いか柔らかいは、腰痛には全く因果関係はありません。

単にストレッチをして身体を柔らかくすれば、腰痛が改善されるとは限らないのです。

もちろん、血行を促進したり、硬くなった部分がほぐれれば、痛みが軽減されることもあると思いますが、多くの場合根本原因が解決されないようです。

特に、悪い場所である腰、胴回りを無理に伸ばすストレッチは素人判断では危険です。身体は、筋肉の微妙な張りによって骨という軸の部分を支えているので、むやみやたらと伸ばすことでその反力を失い、なんとか支えていた身体のバランスを余計崩しかねないのです。

逆に、慢性腰痛などの場合、どこかの筋肉が硬く引っ張りすぎている場合が多くあるので、その部分を上手く緩めてあげると、痛みが軽減しやすくなることは多いに考えられます。これが、素人判断では難しいところです。

専門家によるペアストレッチという、相手にやってもらうストレッチというものがあります。

整体に似たような感じがしますが、原因となる筋肉をみつけ、それがその人の変なクセがでないようにストレッチをしてもらうというのは効果的です。

自己流だと、自分の伸ばしやすいところは簡単に伸びるのに、肝心の伸ばしたいところが上手く伸ばせないということが多々あります。これではやはり逆効果にもつながる場合がありますから、このようなペアストレッチは、身体のバランスがわかる専門家にやってもらい、そして自分でやるストレッチもアドバイスをもらうなどするとよいでしょう。

腰痛改善の定番は整体?骨盤矯正などが腰痛改善に一番よいのか?

Fotolia_65857573_XS腰痛というと骨盤の歪みが原因といわれるのが定説となってきました。

骨盤や背骨の歪みといっても、骨が変形するように形が変化するなんてことは先ずあり得ませんし、それを整体やカイロプラクティックで治すということももちろんできません。

では、あの治療の専門家達が言っている骨盤の歪みとは何なんでしょうか?

実は、骨盤や背骨、股関節など、骨盤まわりの骨のそれぞれの関節が、正しい場所にないという場合や、動きが悪くなっている、ズレているということを「骨格が歪む」と表現していることが多いようです。

つまり、骨の形が変化しているのではなく、正しいポジションにないということが主な理由です。

なぜ正しいポジションにないかというと、やはりそれも筋肉の硬さや柔らかさ、強さや弱さが関係してくるのです。

それを見極めて、正しいポジションに戻したり、関節に動きをつけたり、筋肉の出力を調整したりするのが整体と言われるもので、これもむやみやたらと全身をモミモミほぐしているようでは、整体というよりリラクゼーション・マッサージに近いといえます。

世の中には、整体といえどもただのマッサージもどきだったりすることが意外に多いので、本当に整体してくれているのか?の見極めは難しいところでもあります。

正しく整体をしてくれるところ、その原因を明らかにしてくれるところであれば、腰痛の改善は期待できるでしょう。

実は腰痛に関する運動もこれらと全く同じ

Man Playing Golf

筋力が弱ったから腰痛になるというのは間違いではないと思いますが、これも、弱いところと強いところができた結果である場合があります。

素人判断でトレーニングをしたとしましょう。これもやはり自分が普段やりすぎる悪い癖をどんどん助長してしまい、余計腰が悪くなるということはよくある話です。

とくにゴルフのような偏った運動は、正しい動作をやっていったり、プレイ意外でバランスをとるような訓練をしておかないと、ケガのリスクが非常に高まります。

運動も、結局は、その人のクセのある動作の繰り返しと、偏った筋肉の使い方によって、関節の位置や筋力バランスがくずれ、負担がかかって、痛みがでてしまうことが大きな原因です。

急性で痛みが治まってきても、同じ動作の繰り返しや、弱い筋肉が弱いまま、使いすぎる筋肉ばかり使ってしまうというアンバランスが続くと、どうしても慢性化していつまでたっても開放されません。

運動も、専門家にならった上で行うことがとても重要ですね。それは、記録を伸ばしていくという目的だけでなく、その人がケガをしないという意味でも重要だということです。

ボディバランススタジオのリアクションレジスタンスマシンは、弱い筋肉を鍛えて、出力を上げ、さらに姿勢も改善できる優れものです。このような画期的なマシンがあるのは都心部だとこのスタジオだけなので、是非一度体験してみてくださいね。

S__6766594

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る